new
category
-----------------------------------------------------------------------------------------
here and there news(78)
here and there friends(64)
activities(37)
garden(2)

2018年07月02日

here and there vo.13 HYACINTH REVOLUTION issue

h&t_vol13_H1_preview.jpegh&t_vol13_H1_preview.jpeghere and there vol13が来週7月10日に発売されます。最新号HYACINTH REVOLUTION issueはたくさんのかたにご協力いただいて、かたちになりました。

今回はみんなと一冊を作るという編集をしてみたくなり、here and there初の参加型編集を試みました。

冬から春にかけて、ヒアシンスを育てていただいたうえで、生まれた文章、写真、絵、詩、俳句、観察日記、作品などを誌面でご紹介させていただいています。

ヒアシンス革命特集にご参加いただいた42名の皆さまは以下です。本当にありがとうございました!

青木陵子 遠藤麻衣 タカノミヤ 平岩壮悟 菊竹寛 前田征紀 竹村京 ミヤギフトシ 田村友一郎 砂川卓也 竹内大悟 小林エリカ 嶺川貴子 レティシア・ベナ 平山昌尚 伊藤貴弘 宮園夕加 大島史 長江青 田幡浩一 ファビアン・ライトゲープ モアレ 岡田路世 パグメント 岡澤浩太郎 高橋友希 志村信裕 エロール・ファン・デ・ヴェルト 小池アイ子 アンバー・フ 長島有里枝 谷口真人 金氏徹平 服部みれい キャメロン・アラン・マケーン 奥田きく ベンジャミン・ソマーホルダー 高山明 岡部史絵 大神崇 小金沢健人 スーザン・チャンチオロ

ほかに、エレン・フライスやパスカル・ガテンの記事もあります。

最初から最後まで、翻訳は江口研一さんにお願いしました。アートディレクションとデザインは服部一成さん、パブリッシャーはニーブスのベンジャミン・ソマハルダー。服部事務所の佐藤豊さんにも大変お世話になりました。

表紙はアーティストのエレナ・トゥタッチコワさんが、新鋭作家の安野谷昌穂さんと、現代美術作家の前田征紀さんを撮り下ろしてくださいました。Center for COSMIC WONDERでの撮影は特別な時空間になり、わすれられません。衣装はCOSMIC WONDERの2018-19AWとこの撮影のために作成いただきました、特製の幻古山村紙衣です。

ただいま、ユトレヒトのwebサイトで予約受付中です。
http://utrecht.jp/?product=here-and-there-vol-13-hyacinth-revolution-issue-2018

都内および関西でイベントの予定もございます。やく三年ぶりと、久しぶりのhere and thereをどうぞよろしくお願いいたします。
posted by nakakobooks at 22:41 | Comment(0) | here and there news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新連載 林央子のMagnetic Field Note

マガジンハウス『GINZA』のウェブマガジンで、不定期連載(月1〜2回アップ予定)の、楽しみな連載がはじまりました。

第一回はL PACK.に会いに行く

ライターをはじめたころはまだ編集部に在籍していて、当時は雑誌といえば「紙」だけの時代。ネットマガジンなるものがあらわれて、そこに執筆の機会をいただくことも2000年代になるとちらほらでてきました。紙とちがって、長さが自由! テーマも比較的自由! ということで、自由を謳歌できる場所という認識も最初のうちで、次第にネット媒体は更新頻度や閲覧者数でしばられる難しさも感じるようになりました。

そんな時期をへて最近また、ネットマガジンに読み応えのあるものが増えてきていると思っています。編集Sさんとの出会いはそんな時期に訪れました。「最新情報などは読者のみなさんに調べていただいて」「告知性より、記憶にのこる読み応えのある記事を」。そして、紙媒体では一度とりあげたらしばらくは同じ人を取材するのは御法度なわけですが「繰り返し同じ対象を取材するのもOK」とのお言葉。小躍りしたくなったのは言うまでもありません。

そうして第一回の記事がアップされました。今年で10年目をむかえたL PACK. in 松本の「池上喫水社」を訪れたときのノートです。「池上喫水社」は、工芸の五月における”みずみずしい日常プロジェクト”(by一ノ瀬彩さん)の一貫にある作品で、大学を出たばかり、結成したばかりのL PACK.と、ガラス作家の田中恭子さん双方に声をかけた一ノ瀬さんの誘いがきっっかけとなり、みんなで「そこ(松本)でなにをするのか?」のアイデアを出し合ったことから始まったそうです。一回目の打ち合わせで「池上喫水社」という言葉が生まれ、言葉から作品の構想を拡げていった、というエピソードは、今年の連休、栞日で行われた10周年記念の関係者トークでフムフムときいた話のなかでも、印象深いお話でした。

でもやはり最も印象深かったのは、記事にも書いた大家さんの存在でした。自宅を不特定多数の、みずしらずのお客さんにむけて公開するって、一体どんな事でしょう? どんな人もふと考えてしまうものはあるはず。大家さんとの交流もふくめて作品が育ってきた過程が、素晴らしいなと思った次第です。また「おかしみ」展の実現という野望(笑)にむけ、LPACK.の取材も続けていきたいと思っています。

記事でL PACK.のポ−トレートを撮影してくださったのはたまたま松本に居合わせたミヤギフトシさん。2人のL PACK.結成時のエピソードとして、「どちらか片方が車いすになっても、片方が車いすを押しながら、おしゃれして展覧会のオープニングにいったりしている謎のジジイ2人組っていいな」というところから始まった、という話をきいて、おどろきながらもナルホドと思いつつミヤギさんに伝えると、「おじいちゃんっぽく撮ればいいんですね」とほほえんでいらっしゃいました。そうして5月の松本で、池上邸のにわにたたずむ2人の素敵なポートレートが生まれました。
posted by nakakobooks at 22:30 | Comment(0) | here and there news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする