new
category
-----------------------------------------------------------------------------------------
here and there news(75)
here and there friends(63)
activities(37)
garden(2)

2012年06月09日

製作中! here and there vol.11のひとかけら


―傷つきやすさ、人生、愛、そして美しさ。それらは常に手の届くところにある。けれ
ども私たちは、それらを感じとり、心動かすことができるほど勇敢だろうか。―

この言葉は、実際に私がメールでパスカル・ガテンから受け取ったものです。
この少し謎めいたフレーズの奥にある彼女の想いをもっと知りたくて、
やりとりを続けてうまれた記事が
「傷つきやすさについてーパスカル・ガテンとの対話」です。

2ページ文字だけの見開きですが、彼女の想いがつまっていて、
私の感情もこもっていて。
思い入れの深い記事ばかりのhere and there vol.11、そのなかでも個人的に、
いまとても重要だと思っている原稿の一つです。是非お楽しみに。

パスカル・ガテンは『拡張するファッション』の
P99〜P106にも登場しています。

(林 央子)
posted by nakakobooks at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | here and there news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

here and there vol.11入校準備中です


昨年末からとりかかっていた here and there vol.11 が
間もなく入校を迎えそうです。

このままいくと今回は、予定通り6月中にもしかすると完成……?
そこはぎりぎりなところですが、7月上旬には間に合いそうです。

なんと、一年半ぶりの新刊です。
今日はちょっとだけ、中身の一部をご紹介。



南仏に引っ越した元『パープル・ジャーナル』『カイエ・ド・パープル』編集長
エレン・フライスが新しい生活をレポートしてくれています。

生粋のパリジェンヌで、90年代には気鋭の若手キュレーターとして、パリの
アートシーンの寵児だったエレンが、南仏で見つけたまったく新しい生活とは?

最新号を楽しみにしていて下さいね(林 央子)。
posted by nakakobooks at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | here and there news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。